偽物語 #3 かれんビー 其ノ參

本命は八九寺。

神原は結構考えて生きてるんだよなあ。
とかくエロばっかりがフィーチャーされがちな神原ですが、彼女は冷静な目線で自分を含めた阿良々木暦の周囲を見られている数少ないキャラ……だと思う。もう1人は真宵かな、羽川さんはたぶん無為に知ろうとしないだろうから「知ってることだけ」しか知らない彼女はちょっと別枠で。
ガハラさんと羽川さんの関係、千石撫子のこと、見ていなければあーやって話すこともできないよね。
特に千石撫子に関してはあまり会ったことがないはずなのに、その「あざとさ」を理解しているのは筆舌に値するわ。
今回はめずらしく可愛さフィーチャーな神原さん。

真のラスボスこと千石撫子、あざといwwwww



貝木泥舟初登場、もう少し胡散臭い感じ出てても良かったのにな。まあ不吉という印象は受けるがw

貝木からアララギ君が連想したイメージ、久々の忍野メメ――シャフ度で登場。

そしてギロチンカッター、傷物語で登場なので今のところアニメだけ見てる場合誰それだろうなwww

帰り道に出会うガハラさん、怖いです。


ガハラさんは女の匂いに敏感、あっさりアララギ君が遊んだ女の人数を見ぬくなんてさすがや!
とは言え浮気してもいいけど本気になったら殺す、なんてなかなか言われてみたいもんです。ゾクゾクしますね!!
ただちゃんとツンしたあとはデレるのが偉い、曰く「自分の彼氏がモテモテというのは彼女として割と最高の気分なのよ」
まあその気持ちはわからんでもないねw

一緒に帰る帰り道、不意に神原家の前で出会ったある不吉な印象を受ける男の話をしてみたところ――たぶん頭を殴られたんだろうなあwwwここから1話冒頭に繋がるわけですね。
貝木を警戒するガハラさん、その理由は彼がかつて自分を騙した詐欺師だったから。アララギ君に奴に関わってほしくないから。手段はともかく、大きな愛を感じたわ……手段はともかく、ね。
ただそんなガハラさんの愛もアララギ君の中にある守りたい衝動(たぶんこれが妹じゃなかったら手を差し伸べたい衝動なんだろう)には勝つことができなかった。っていうと語弊があるか。とにかく1通のメールで、この安穏した時間はおしまい。

妹からこんなメールが来た日にゃ、お兄ちゃんは頑張る以外の選択肢を持たないよね。
ところで急に瞳孔が狭まって目が紅くなったけど

忍と互いに血を飲み合わなくても多少なら吸血鬼化できるんだっけ、忘れちゃった。

ようやく話が動いてきたなという第3話でした、ガハラさんのデレシーン多くて結構うれしい。

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。